若い世代に多いクラミジア

性病は比較的症状が軽い病気も多いため、エイズ以外の病気には危機感が薄れている傾向があります。
若い年代の人は性に開放的になっていますし、性行為も多様化しているため、病気に罹るリスクが高くなっています。
特にクラミジアは、自覚症状が少ないため感染に気付かず、知らないうちにパートナーに罹ってしまうことも多いです。
感染が拡大してしまうので、病気に気付いたら早めに治療を受ける必要があります。
産婦人科、性病科、泌尿器科などで検査が受けられます。
性器クラミジア感染症は、細菌の一種であるクラミジアに感染して、卵管や子宮頚管、男性の場合は尿道などに感染します。
性器周辺だけでなく、口腔や咽頭などにも感染する場合もある病気です。
感染に気付かずに放置をしておくと、不妊症や流産の原因になってしまう場合があります。
淋病は性器クラミジア感染症に次いで多い病気で、女性の場合は子宮頚管、男性は尿道に感染することが多く、ひどくなると尿道炎を起こす場合があります。
男性のほうが症状が強い場合が多く、排尿時に痛みを感じたり、尿に膿が混ざっていることもあります。
治療は抗生物質を処方してもらうことで、1週間から2週間ぐらい服用することで、改善することが多い病気です。
放置をしておくと病気が慢性化するため、完全に治癒させるようにして下さい。
膣カンジダ症は、真菌の一種であるカンジダ菌による感染が原因で、白いチーズ状のおりものがでたり、膣や外陰部に痒みなどが見られます。
治療は真菌剤の塗り薬を処方してもらうことで、改善しやすいですが、再発がしやすいため、高温多湿になる時期は注意しましょう。
膣カンジダは不妊や流産の原因にはなりにくいですが、不快な症状で悩んでいる人が多いです。
病気を予防するためには、きちんとコンドームを着用することは大切なエチケットになっています。
複数の異性と性行為を避けるようにすると、病気に罹るリスクを減らせます。