ジスロマックとアジーの関係性

ジスロマックはマクロライド系抗生物質でアジスロマイシン飽和物とも呼ばれている薬です。
こちらは大手製薬会社のファイザー社から製造販売されています。
この薬は細菌のタンパク質の合成を阻害して細菌の増殖を抑える効果があります。
喉頭炎や肺炎、リンパ節炎、尿道炎など幅広い菌に対応しており、呼吸器科や耳鼻科など幅広く利用されている薬です。
ペニシリン系やセフェム系の抗生物質が効かないマイコプラズマやクラミジアにも効果的であることが特徴的です。
錠剤やドライシロップ、細粒などで提供されています。
マクロライド系の抗生物質では副作用は少ないほうですが、吐き気や下痢などの胃腸障害、発疹や蕁麻疹が出ることもありますので、強く症状が出る場合は医師に相談してみましょう。
作用時間が長いことも特徴で、短期間の利用で良い効果を発揮できる薬です。
さらにアレルギーが起きにくいことも特徴的で、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質でアレルギーが起きる人にも利用しやすくなっています。
さらに薬には飲み合わせもありますが、薬の飲み合わせによる相互作用も少ないなど使いやすい薬です。
ジスロマックは優れた効果を期待できる薬ですが、先発医薬品ですので、やはり価格はやや高めとなっていいます。
そこで注目されているのがより低価格で同じ効果が期待できるジェネリック医薬品です。
薬にはジェネリックと呼ばれる薬があり、新薬と同じ成分、効能を持ちながら価格はより安く抑えられています。
これは新薬の特許が切れてから別の製薬会社で製造販売される薬で、研究費に費用がかからないことなどから、より低価格で提供できるようになっています。
ジェネリックとしてよく選ばれているのがアジーです。
こちらはインドの製薬会社であるシプラ社から製造販売されています。
同じ有効成分ですので、同じような効果を期待できますが、副作用も同じようになっていますので、こちらも注意したいところです。
ジェネリックということもあり、価格もより抑えられています。
より治療費を抑えたいという場合はこうした薬を選んでみるのも良いでしょう。
こちらも呼吸器系や耳鼻科の感染症の治療によく利用されていますが、クラミジアといった性感染症の治療にも良い効果を発揮してくれることでも知られています。
アジーは海外医薬品の個人輸入でも良く選ばれている薬ですが、そうした方法で購入した場合も良い効果を発揮させるためには正しい服用をすることが大切です。

ジスロマックとアジーの関係性を理解して上手に薬と付き合う事が大切です。